腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは?

腰部脊柱管狭窄症とは脳からつながる脊髄が入っている管があります。

 

これが脊柱管です。

この脊柱管が何らかの影響で狭くなる状態を脊柱管狭窄症といいます。

主に腰椎部の神経(馬尾、神経根)が脊柱管で絞扼を受け発症する。

中高年なって発症するものが多い。

【症状】

腰の痛み

神経への圧迫が過大になると足の痺れや坐骨神経痛、下肢の疼痛などの神経刺激症状がでる。

ひどくなると下肢筋力の低下、感覚障害などの神経脱落症状

会陰部の感覚異常、尿失禁、尿意切迫、排便障害もでます。

脊柱管狭窄症の特徴的な症状は長時間歩けなくなる

“間欠性跛行”というものです。

間欠性跛行とは歩いていると腰や足が痛くなり歩けなくなる、少し休むと歩けるようになるという症状です。

また、脊柱管狭窄症は安静時には無症状で動くとしびれや痛みが出るといった事もあり

腰を反らすとしびれや痛みが出て、前屈みだと症状がでない事も多くみられます。

【原因】

変形性腰椎症腰椎変性すべり症による後天性脊柱管狭窄症が多い

腰椎椎間板ヘルニアの合併や既往など

外傷後や椎弓切除、脊椎固定術後におこることもある。

加齢による骨変化

姿勢不良による腰部へのストレス

筋力低下による腰部へのストレス

など原因はさまざまです。

【治療法】

当院では脊柱管狭窄症の患者さまも数多く来院されています。

まずは身体の評価をおこない、姿勢、筋力の弱い部分、筋肉の硬いところ、歩行などをみて施術をおこなっていきます。

上記のような症状が思い当たる方は是非当院へお越しください。