脊柱後湾症

こんにちは!

港南中央駅前整骨院のはまこうです。

いきなりですが、みなさんが思う悪い姿勢をしてみてください。

この時にみなさんがした悪い姿勢が将来自分がなる姿勢だそうです。

僕も初めて言われた時に確かに!ってなりました。

みなさんは将来そんな姿勢になりそうですか?

今日は姿勢に関係する脊柱後弯症のお話です。

脊柱後湾症

脊柱後弯症とは?

脊柱後弯症とは脊椎が後方へ凸状に変形した状態で

自分で矯正できるものを”姿勢性脊柱後弯症”

自分で矯正できないもの(病的後弯症)があり

背中が円くなることから円背とも呼ばれます。

【原因】

原因は大きく2種類に分けられ

機能的脊椎後弯症:姿勢の悪い習慣化による姿勢性脊椎後湾症

構築的脊柱後弯症:さまざまな疾患、病態に起因して起こる病的脊柱後弯症

に分類されます。

ちなみにこの病的脊柱後弯症(構築的脊柱後弯症)は年期脊柱後(ショイエルマン病)

老年性脊柱後弯亀背外傷性脊柱後椎弓切除後脊柱後弯先天性脊柱後弯

強直性脊椎炎による脊柱後弯などがあります。

それぞれの疾患をかなり簡単に説明しておきます。

*ショエルマン病:脊椎の骨の成長障害で成長に伴ない進行し、成長期を過ぎると停止する。

*老年性脊柱後弯:脊椎の骨粗鬆症や椎間板変性、圧迫骨折などによって発生する。

*亀背:結核によって炎症がおき骨が破壊されおこる。

*外傷性脊柱後弯症:脊椎損傷など外傷後に発生する。

*椎弓切除術後脊柱後弯症:小児期に受けた椎弓切除術後の後遺症でおこる。

*先天性脊柱後弯症:脊椎の先天的変形によるもの。

*強直性脊椎炎による脊柱後弯症:脊椎炎により胸椎が変形しおこる。

簡単にいうと姿勢が悪くてなる人病気が原因でなる人がいるということですね。

【症状】

後弯が高度になると腰背部痛、体幹の平衡症などがおこる。

頸部痛や肩コリを訴える方もいます。

軽度の後弯では無症状なことが多い。

【検査・診断】

レントゲンで椎体の変形が確認できると診断される。

検診などの時にみつかったりすることが多い。

【治療】

軽度の場合は装具療法、運動療法

重度で平衡障害や強い腰背部痛がある場合、進行性の脊髄麻痺や

先天性の脊柱後弯症の場合は手術の可能性もあります。


脊柱後弯症いわゆる円背の方は高齢者に多くみられます。

これは老人性脊柱後弯症といわれ、骨の変形、筋力の低下、姿勢不良や圧迫骨折後の

影響でおこります。

前回もお話しましたが、”高齢者姿勢”というものです。

まず背部の筋力が低下していることにより背中をまっすぐに保てなくなり

脊柱が後弯します。

お尻の筋肉も弱くなるので骨盤が後ろに倒れてきます(骨盤後傾)

さらに腹部の筋も弱くなり骨盤を支えられなくなります。

そして膝をまっすぐ伸ばす時に使うモモの大きな筋肉も弱くなり

膝が曲がってしまいます。

そうなると重心が後方へいってしまうので頭部を前にしてバランスを取ろうとします。

これで高齢者姿勢ができあがります。

これ以外にも脊柱圧迫骨折があるとほとんどの方が円背姿勢(高齢者姿勢)になります。

当院ではこのような方には楽な姿勢をとることからはじめていきます。

施術を行う際につらい姿勢でおこなうのはよくありません。

円背姿勢の方の楽な姿位があるので安楽姿位をとってもらいそこから施術を行います。

また平衡機能も低下する為、遠位or近位見守りで転倒予防に勤めています。

負担がかかる筋のリラクセーションや短縮している筋のストレッチ、弱くなっている筋

に運動療法をおこない。痛みがでない身体にしていきます。

腰の痛みや背中の痛み、身体のつらさでお悩みの方は

港南中央駅前整骨院へお越しください!

画像をクリック