肩関節周囲炎

こんにちは港南中央駅前整骨院のはまこうです。

今日はよく言われる四十肩、五十肩のお話です。

40~50歳の方に多いので四十肩、五十肩と言いますが60歳70歳になっても五十肩っておかしいですよね?

本当は正式名称があるんですよ。

肩関節周囲炎

四十肩、五十肩の正式名称は肩関節周囲炎です。

肩関節周囲炎とは?

肩関節周囲組織の退行性変化を基盤として明らかな原因なしに発症し、肩関節の痛みと運動障害を認める疾患のことをいいます。

つまり肩関節周囲炎と言っても広い意味で肩の周囲組織が衰えていき炎症を起こして肩に痛みと運動障害がでているというものです。

ちなみにこの肩関節周囲炎は

・明らかな原因がない

・肩に痛みと運動制限がある。

・年齢が40歳以降

上記の3つが当てはまると肩関節周囲炎と診断されます。

上記以外でも肩関節周囲炎と診断される事はあります。

症状

肩関節周囲炎の症状は疼痛,運動制限,がでます。

初めは少し痛むような感じから始まり徐々に痛みが強くなり腕を動かすだけで強い痛みが出たりします。

そして関節の可動域制限が起こり動かすと痛いので関節を動かさなくなり、関節が固まってしまいます。

そして結髪、結滞動作ができなくなります。

 

日常生活で結髪動作ができないと髪をとかしたり、ドライヤーができなくなります。

結帯動作ができないとズボンを履く時に痛みが出たり、ベルトを通せない、ブラジャーのホックが止められない、エプロンが後ろで結わけないなど日常生活に支障がでてきます。

夜寝る時に痛みが出る夜間痛があるのも肩関節周囲炎の症状です。

*出典:JOA

病期

肩関節周囲炎には病期があり病期によって症状が変わってきます。


炎症期


肩の周囲組織が炎症を起こしている為、痛みが強く安静時痛や夜間痛があり、少し動かすだけで強い痛みがでる。

炎症期は強い痛みが出るのが特徴です。

無理な動きは避け痛みが出ない範囲で動かし不意な動きに注意しましょう。


拘縮期


炎症期のような強い痛みは収まりますが、肩関節の動きが悪くなります。

肩関節が”拘縮”してしまっている為に肩を動かそうとすると痛みが出て、腕が上に上がらなかったりします。

夜間痛も出なくなる人もいますが残存する人も多いです。


回復期


肩の痛みが次第に和らいでいき、肩関節も少しずつ動かせるようになります。

徐々に回復に向かっていくのでリハビリはしっかりとおこないましょう!

原因

明らかな原因はわかっていないが肩関節を構成する組織の炎症、主に滑液包の炎症によって関節包が短縮し、肩の関節に可動域制限が起こると考えられています。

増悪因子としては糖尿病、甲状腺機能低下症・亢進症、パーキンソン病、心疾患、外固定などがあります。

検査・診断

肩関節周囲炎には上腕二頭筋長頭炎、石灰沈着性腱板炎や腱板断裂などの鑑別診断が必要です。

その為レントゲンで骨密度や骨の変形、石灰が沈着していないかを確認し、MRI,エコーなどで腱板断裂や関節唇損傷などの軟部組織の損傷が無いか確認します。

治療

病院ではステロイドなどの関節内注射や抗炎症薬の投与がおこなわれます。

肩関節周囲炎のリハビリは病期によって異なります。

炎症期の時期はアイシングや超音波などの物理療法、肩関節が固まらないように軽いリラクゼーション、痛みの出ない範囲で動かしていきます。

拘縮期は肩関節の可動域訓練や運動療法、関節包のストレッチやモビライゼーションなどをおこなっていきます。

回復期は積極的に運動療法や関節可動域訓練、筋力訓練などをおこなっていきます。

体験談

僕も病院勤務時代は1日に担当した新患さん(約10人)がみんな肩関節周囲炎なんて日もありました。その他にも既存の肩関節周囲炎の患者さんもいたので1日にかなりの数の肩関節周囲炎の患者さんを診る事もありました。

みなさんそれぞれ病期も違い症状も原因も違うのでぞれぞれの患者さまに合わせた施術が必要になります。

肩が全く上に上がらない方や内部疾患を併用している方、乳がんのOPE後に肩が上がらなくなった人など様々な方がいらっしゃいます。

そんな方達が施術後に肩が上がるようになって嬉しそうな顔や驚いた顔を見るのが僕の楽しみでした。

四十肩、五十肩でお困りの方は是非港南中央駅前整骨院へお越しください。

肩が上がるようになるまで、痛み辛さが無くなるまでしっかりサポートさせて頂きます。

四十肩、五十肩、肩こりや肩の痛みでお困りの方は是非当院まで

↓↓↓↓

画像をクリック