肩腱板断裂・損傷

こんにちは港南中央駅前整骨院のはまこうです。

今日は肩の腱板断裂のお話です。

肩が痛い、腕が上がらないという方は四十肩、五十肩ではなくもしかしたら腱板断裂かもしれませんよ・・・?

かなり多くの方に起こる疾患なので今日はその記事を書いていきます。

肩腱板断裂・損傷

肩の腱板とは?

肩の腱板とは 肩甲骨と上腕骨をつなぐ4つの筋肉(棘上筋棘下筋小円筋肩甲下筋)の腱の総称です。肩の関節を安定させる働きを持ち、回旋筋腱板、回旋腱板、ローテーターカフとも呼ばれます。

腱板の腱繊維が断裂または損傷した状態。腱板断裂や損傷は60歳代が多く年齢が上がるにつれて損傷や断裂、腱の変性が起こる可能性が高くなります。

症状

肩腱板断裂の症状は、

・肩の運動障害(腕を上に挙げること事ができない)

・運動時痛(動かした時に痛い)

・夜間痛 (夜寝る時に痛い)

が主な症状になります。

・痛みの為夜眠れなくなる。

・更衣にも支障が出る。洋服がきれない。

・腕を上げている状態をキープできない。

・お箸を使っているとだんだん疲れて肩が痛くなる。

この様な症状がある方は腱板断裂の可能性が高くなります。

また転んで手をついたり、肩を打ったりした後に起こりやすいです。

病態生理

<完全断裂>

腱板を構成している棘上筋、棘下筋、肩甲下筋が完全に断裂する(ぶっちり切れてしまう状態)

<不全断裂>

腱板の線維が部分的に切れてしまう。(一部は切れているが繋がりがある状態)

があります。

検査・診断

身体所見で➀棘上筋の筋力低下②外旋筋の筋力低下③インピンジメント徴候がそろえばほぼ診断がつきます。

*インピンジメント徴候

肩峰と上腕骨の間に腱板が挟まれて痛みがでる現象。退行性変化によって肩峰に骨棘が大きくなり腕を上げると骨棘と腱板が衝突する。このインピンジメント徴候が繰り返されると腱板断裂につながります。

確定診断診断はMRIになります。

レントゲンには筋肉や腱は映りにくいのでMRIでの精査が必要になります。

また四十肩、五十肩(肩関節周囲)などとの鑑別が大事になります。

治療

肩の腱板断裂は保存療法観血療法(手術)の2つがあります。

【保存療法】

・局所の安静

・NSAIDs(非ステロイド性の抗炎症薬)の投与

・ステロイド関節内注射

保存療法で改善しない場合

【観血療法】

・関節鏡下腱板断裂修復術

手術の目的は治療期間の短縮、筋力の回復、断裂拡大の予防など

結局はどちらもリハビリをおこないます。

肩の機能を回復するのにリハビリは必要不可欠です!

電気やホットパック、湿布や痛み止めだけではなかなか回復は難しいと思います。

徒手でしっかり施術することにより痛みや肩の挙上が楽になったりします。

当院ではマッサージだけでなく関節可動域訓練や筋力訓練をおこなっています。

体験談

僕は以前整形外科に勤めており、数多くの腱板断裂の患者様を診てきました。

正直MRIが無ければ腱板断裂しているかは確実にはわかりません!

ましてや整骨院だけまたはMRIがない病院でしか勤務した事がない先生では腱板断裂の方がどのような感じなのかはわからないと思います。

見極めるテスト法はあってもそれはあくまでも指標でしかありません。

感度、特異度が100%のテストなんてありません。

*感度=その疾患である確率 特異度=その疾患でない腱板断裂確率(簡単に言うと)

また四十肩、五十肩との鑑別も必要になります。

病院勤務時代は診断は四十肩、五十肩(肩関節周囲)でもなんか腱板断裂っぽいなと思うとDr.とのカンファレンスに出しMRIを撮ってもらい状態をみたりもできました。

その為なんとんなくですが腱板切れてる感じだなf(^^;)という感じがわかるようにはなりました。

あくまで感覚なので絶対ではないですが、その他の整骨院や接骨院の先生よりは自信があります!

肩の痛みやつらさ、肩があがらないなどの症状でお困りの方は

是非港南中央駅前整骨院へお越しください。