気功について

こんにちは港南中央駅前整骨院のはまこうです。

10月も終わり11月になりました。

日に日に寒さが増しており、冬に近づいている感じがしますね

皆さんはいかがをお過ごしでしょうか?

最近というか少し前から思う事があるんですよ、、、、

それは

”気” についてです。

気功とかって怪しいイメージあるじゃないですか!?

僕は気で治すとか言っている人はかなり怪しいなと思っているのですが、最近は気を出せるのがわかる事に気付いたんです!

なんか怪しい話ですがたまにはこういう話もいいかなと(^_^;)

なぜ気づいたかというと自分の手をみていてなんだかまだら模様だなーと思っていました。

そしてよく患者さんに濱田先生の手は温かくてホッカイロみたいとか、温かくて気持ちいいいわ~とか言われていて、ある方にあなた気が出ているわと言われ

はじめは??

と思ってすぐインターネットで調べました!(笑)

調べたキーワードは手がまだら模様でサラミみたいだったので

「手 さらみ」で検索しました。(笑)

するとサラミのような状態は気が出ているとの事でした。

まぁホントかわかりませんが

そして手の状態をよく観察みたら思った事があるんですよ

意識を集中して気を出そうとするとサラミの状態になるんです!

話だけだと信憑性がないので写真を撮ってみました。

これが何も意識をしていない時

↓↓↓↓↓↓

次に

こちらが手に意識を集めて気を出している時

↓↓↓↓↓↓

下の写真だとわかりずらいですがなんとなく手がサラミのようなまだら模様になっているのがわかりますか?

そして手の温かみが違うんですよ!

まあこれは触られないとわからないですが、、、

そんな感じで自分の手から気が出せることに気付いてからは患者さんを治療する時は手に意識を集中して良くなれ~と気を送りながら施術をおこなっています。

そういう風にしてからは患者さんに身体が楽になったわ~とか身体が軽くなったという声が多くなり

痛みもよくとれるようになりました。

気ってあるんだなぁと思う今日この頃でした。

では今日はこの辺で(@^^)/~~~